免震装置アブサーバーの5大特徴

1.特許に基づく減衰性と復元性の両立

実証実験と学術論文が証明する特許マーブル型ベアリングによる シンプルで高性能な矩形台の免震メカニズム。
地震エネルギーを吸収し、振動を速やかに停止させる能力が、あなたの大切な資産を守ります。  ...もっと読む

2.機器の設置環境に即応するフレキシブルな免震性能

機器の設置環境、使用状況、また高層階などにおける特殊な揺れの
状況などにも最適対応できる、 フレキシブル設計です。

...もっと読む

3.産学共同の成果による新免震理論と信頼性

免震台「アブサーバー」は、都立産業技術高専、首都大学東京などの
学術機関との協力による実証実験や、 地震工学シンポジウム等における
学会発表、10本を超える論文発表などをクリアした、免震新理論に基づく装置です。  .....もっと読む

4.簡単施工、そして長期品質保証

高さ63mm、約40kg という薄型軽量装置は、免震台のシンプル化と
合わせて、高い施工性を誇ります。また、 30年間保証の免震装置
として納入させていただいています。 ..... もっと読む

5.幅広い免震用途のためのオプション装置と拡張性

免震台のユニットは最大積載量 1.2ton の大容量、連結コネクターバーで
面積や積載物に合わせ簡単に増設。 搭載物に合わせた様々なオプションで、美術品の倉庫管理まで幅広く対応。 ..... もっと読む

免震装置アブサーバーは、町工場の知恵と学術研究が生んだ、特許【マーブルベアリング】 による、 情報機器・精密機器用の免震台です。

アンカー固定とアブサーバー免震装置の設置比較

免震装置とアンカー固定

当社実験結果より、サーバーを床面にアンカー固定留めした場合サーバー上部は4.4倍の加速度になります。 これは震度3の場合、震度5弱となってしまい、機器のディスクなどが破壊されてしまう恐れが有ります。 免震装置を設置することで、最大1/8に加速度を低減する事が可能となり、 震度6強の場合でも、ディスクが破壊される事なく、サーバー上の揺れを抑えます。

設備費用対比

1、アンカー固定の場合

アンカーボルト4箇所の工事費 ⇒ 15万円

2、免震装置の場合

免震装置(2ユニット)+工事費 ⇒ 70万円


  • ラックをアンカー等で固定するほうが、圧倒的に安価で済みます。
  • しかし、ラックを固定した場合に地震が起きると、ラック上部には最大4.4倍の加速度に増幅してしまいます。
  • 震度3の場合には震度5弱になり、情報機器のディスクなどが破壊される恐れがあります。
  • 万一壊れた場合には、機器の修復にかかる費用は膨大となり、更に中に保管された大切な情報資産までもが無くなります。
  • イニシャルコストはかかりますが、万一の災害時には最大限の費用対効果を発揮します。
  • また、免震装置を設置する事が大切な情報資産を守る最大の防御となります。