免震装置アブサーバーの5大特徴

1.特許に基づく減衰性と復元性の両立

実証実験と学術論文が証明する特許マーブル型ベアリングによる シンプルで高性能な矩形台の免震メカニズム。
地震エネルギーを吸収し、振動を速やかに停止させる能力が、あなたの大切な資産を守ります。  ...もっと読む

2.機器の設置環境に即応するフレキシブルな免震性能

機器の設置環境、使用状況、また高層階などにおける特殊な揺れの
状況などにも最適対応できる、 フレキシブル設計です。

...もっと読む

3.産学共同の成果による新免震理論と信頼性

免震台「アブサーバー」は、都立産業技術高専、首都大学東京などの
学術機関との協力による実証実験や、 地震工学シンポジウム等における
学会発表、10本を超える論文発表などをクリアした、免震新理論に基づく装置です。  .....もっと読む

4.簡単施工、そして長期品質保証

高さ63mm、約40kg という薄型軽量装置は、免震台のシンプル化と
合わせて、高い施工性を誇ります。また、 30年間保証の免震装置
として納入させていただいています。 ..... もっと読む

5.幅広い免震用途のためのオプション装置と拡張性

免震台のユニットは最大積載量 1.2ton の大容量、連結コネクターバーで
面積や積載物に合わせ簡単に増設。 搭載物に合わせた様々なオプションで、美術品の倉庫管理まで幅広く対応。 ..... もっと読む

免震装置アブサーバーは、町工場の知恵と学術研究が生んだ、特許【マーブルベアリング】 による、 情報機器・精密機器用の免震台です。

耐震と免震の違いはなんですか?

  • 耐震では強度を増すだけなので、伝わる衝撃波はかえって増幅されて大きくなります。
  • そのため、精密機器を守るための地震対策としてはおすすめできません。
  • 免震装置を使えば、伝わる衝撃波そのものをカットするので、精密機器を守ることができます。

アンカー止めのほうがコストがおさえられるのですが。

  • アンカー止めですと足元は倒れませんが、揺れが直接に増幅されて伝わってしまいます。
  • そのため、機器の内部はもちろん、機器自体が破壊される可能性があります。
  • さらに、OAフロアを利用した床にはアンカー止めを施すことはできません。

施工には手間がかかりますか?

  • アブサーバーは厚さ63mm、1ユニットの重さが20kgとなっており、持ち運びが簡単です。
  • 免震したい機器をジャッキアップし、その下にアブサーバーを敷くだけです。

メンテナンスは必要ですか?

  • アブサーバーは、経年劣化する素材を使用しておりません。
  • 調整・点検が必要な複雑な機構をもたず、シンプルな構造をしています。
  • 30年間メンテナンスフリーとして納入させていただいております。

他社の免震方式にはどのようなものがありますか?

    ボール方式・ボール+バンパー方式・車軸レール方式などがあります。

  • ボール式:振り子現象が起こるため、安定性に欠ける可能性があります。
  • ボール+バンパー方式:揺れに対する即座の反応と機動性に欠ける可能性があります。
  • 車軸レール方式:揺れに対する全方向性に欠ける可能性があります。

縦揺れには対応できますか?

  • 完全な縦方向の揺れと言うのは、震源の真上でしか起こりえません。
  • したがって、全ての地震波は任意の角度をもった横方向からとなります。
  • 縦方向に近い揺れに対しては防振ゴム(オプション)を使用することで、45°に分散することができます。

abserverの種類はどのようなものがありますか?

  • 通常時の安定性、揺れに対する反応性、装置の重量など、各ニーズに合わせたご相談をさせていただきます。
  • それらのニーズに合わせた形で、マーブル・ベアリングの形状を決定、または設計・生産いたします。
  • 大手自動車メーカー生産ライン免震工事や、高層階対応の為の実証実験等の実績がございます。

施工工事の際に、配線・ケーブルなどには影響はでますか?

  • 配線・ケーブルの管理はお客様の責任で行っていただいております。
  • 工事の際の精密機器・電子機器の取り扱いには十分注意しておりますが、データ等の保証は行っておりません。

日頃の管理で注意しないといけないことはありますか?

  • 特に注意して管理していただく必要はございません。

情報端末等に影響を与えるおそれのある素材は使用していませんか?

  • 使用しておりません。