免震装置アブサーバーの5大特徴

1.特許に基づく減衰性と復元性の両立

実証実験と学術論文が証明する特許マーブル型ベアリングによる シンプルで高性能な矩形台の免震メカニズム。
地震エネルギーを吸収し、振動を速やかに停止させる能力が、あなたの大切な資産を守ります。  ...もっと読む

2.機器の設置環境に即応するフレキシブルな免震性能

機器の設置環境、使用状況、また高層階などにおける特殊な揺れの
状況などにも最適対応できる、 フレキシブル設計です。

...もっと読む

3.産学共同の成果による新免震理論と信頼性

免震台「アブサーバー」は、都立産業技術高専、首都大学東京などの
学術機関との協力による実証実験や、 地震工学シンポジウム等における
学会発表、10本を超える論文発表などをクリアした、免震新理論に基づく装置です。  .....もっと読む

4.簡単施工、そして長期品質保証

高さ63mm、約40kg という薄型軽量装置は、免震台のシンプル化と
合わせて、高い施工性を誇ります。また、 30年間保証の免震装置
として納入させていただいています。 ..... もっと読む

5.幅広い免震用途のためのオプション装置と拡張性

免震台のユニットは最大積載量 1.2ton の大容量、連結コネクターバーで
面積や積載物に合わせ簡単に増設。 搭載物に合わせた様々なオプションで、美術品の倉庫管理まで幅広く対応。 ..... もっと読む

免震装置アブサーバーは、町工場の知恵と学術研究が生んだ、特許【マーブルベアリング】 による、 情報機器・精密機器用の免震台です。

免震装置 abserver (アブサーバー) の設置仕様

免震装置施工例

施工時の高さが63㎜という薄さと、約40㎏という軽さは、免震装置のシンプル化と合わせて、高い施工性を誇ります。
63㎜という薄さで目立たず、設置後も機器の使用感にはほとんど影響がありません。アブサーバー本体の重さも約40kg前後で、 設置の際には20kg のユニットの持ち運びになるので、施工にも手間取りません。

免震装置アブサーバーの性能を十分に発揮させるためには、載荷機器に応じた個別対応が基本ですので、 設置に際しては事前に現地の調査を行わせて頂いております。

1. 免震装置の設置場所の選定

  • 住宅品質確保促進法(品確法)の基準(6/1000程度の傾斜以内)を満たす程度の、 水平でなめらかな床に設置して下さい。
  • 設置床に明らかに問題のある場合には、鋼板などのシムプレート等を用いて調整の上、 アブサーバーが水平に設置されるよう確認してください。
  • アブサーバーは地震時に最大±150mm程度移動しますので、 周囲に十分のスペースが確保できるところに設置して下さい。

2. 免震装置の可動範囲の確保

免震装置の可動範囲
  • 免震装置アブサーバーは、最大地震時に水平全方向に±150mm程度移動する装置です。 壁や柱などの障害物とアブサーバーの側面、もしくは載荷装置の側面から、安全の為に150mm以上のスペースを確保して下さい。
  • また、アブサーバーの載荷荷重の差異によらず固有周期が決定されますので、 隣り合った免震装置が逆位相で動くことはありませんが、安全の為、 アブサーバー同士の間隔は、310mm以上確保されますことを推奨いたします。

3. 免震装置上の載荷荷重の確認

免震装置の可動範囲
  • アブサーバー1セット(ラック1台、アブサーバー2ユニット)の載荷荷重は、 最大耐荷重1200kg以内になるように組み合わせて下さい。
  • 上記図中、左のように載荷機器が相乗りする場合には、必ずアブサーバー1セットあたりにかかる重量を計算して下さい。 アブサーバー1セットあたりに係る重量が耐荷重の1200㎏の範囲内で、載荷機器単独にたいしてアブサーバー1セットを用意して下さい。

4. ケーブルの排出

免震装置のケーブル配線
  • 免震装置アブサーバーと載荷機器は、通常、水平方向に150mm程度移動します。
    載荷機器に接続されるケーブルの安全を考慮し、300mm程度の余長を確保されることを推奨いたします。